Honduras珍道中日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 学年末テスト

<<   作成日時 : 2009/10/16 07:56   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の点滴で熱が下がったので、
学校に行きました。
今日が授業最終日だったので、
(実は明日だった!勘違い〜♪)
学力テストをしたかった。

1年の半分くらい授業がなかったので、
去年より結果はよくなるとは思わなかったけど、
自分が関わった1年なので、
少しは効果が出るかと“期待”していた…。

さて結果のほどは…平均点で見ると、
1年生 63点(59点)
2年生 17点(25点)
3年生 10点(18点)
4年生  7点( 6点)
5年生 16点(24点)

軒並み、去年以下…(( )内が去年の結果)。

去年より授業日数は少なかったものの、
進度は去年より進んでいて、
未習単元は去年より若干少ない。
なのに〜(T_T)
1年生の結果がいいのは、
テストというより、ほぼ教えてたから。
途中でやめてもらったけど。

いずれにせよ、異常な低学力なのは間違いない。
日本の子どもだったら、平均85以上だね。
・先生の指導力がない。
・学力の定着まで責任を持たない
 →教えっぱなし。練習問題や宿題をさせない。
結局は、仕事に対する責任感の問題。

日本の教師だったら、
低学力は教師の責任だってみんなわかってるから、
子どもにいかに理解させるか日々授業を考える。
そして、やっぱり子どもの未来のため、
学力をつけさせたいと願って働いている。

ここの教師の大半は、
低学力は子どもや親のせい。
自分には一切責任なんてないと思ってる。
教師自身が教える内容を分かっていないので、
とんちんかんなこと教えたり、
できる子だけを相手に授業をしたりする。

意識を変えるのは難しい。
でも、意識を変えないと、
なんで日々の授業の仕方を変えなければいけないのか、
わからない。
テクニックだけを教えても、
その根本の理由をわかってもらえないと、
続かないし、いい授業にはならない。

残り活動期間5か月。
活動当初の状況にさかのぼってしまった現状に、
どこまで太刀打ちできるかわからないけど、
がんばらないといけないな〜。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学年末テスト Honduras珍道中日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる