Honduras珍道中日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 1年生の親は…

<<   作成日時 : 2010/02/09 10:14   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

どの国も、子を心配する親の気持ちは同じ。

画像


1年生の教室の外では、
わが子がしっかり勉強しているかどうか
見守る保護者がいっぱい。

「先生の話を聞きなさい」
「ちゃんと座りなさい」
「集中しなさい」
外から、親の檄が飛ぶ。

帰宅時間。
子どもたちが親に、
今日習ったノートを見せる姿が。

「今日はね〜こんな勉強したんだ」

子どもがしっかり学んでほしいという気持ち、
ず〜っと忘れないで、
家でもしっかり見守ってあげてほしいな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり親というのはどこの国でもいっしょね!!帰ってくるまで心配です。?歳なっても心配の種はつきません。でも教育に熱意が感じられていいんちがう?
mama
2010/02/17 10:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
1年生の親は… Honduras珍道中日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる