Honduras珍道中日記

アクセスカウンタ

zoom RSS FIDで模擬授業

<<   作成日時 : 2010/03/17 09:26   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

毎週火曜日に活動を始めたFID。
未来の先生たちが学んでいる。
今週は、水曜日に変更。
そして、今回から、
学生たちが授業をする。
さて、どんな授業をするだろうか。

いろいろ望むことはあるけど、
まずは指導書通りに授業ができること。

しょっぱなから、
大きな船がど〜んと登場。
これだけで、子どもたちは興味津津。
指導書の流れ通りに、
授業が進んでいく。

「1回に1324人運べる船があります。
2回の旅行で何人運ぶことができますか」
式:1324×2=2648(人)

ちゃんと、位取り表も用意してあり、
数字カードもあり、
子どもを黒板に呼び、
一つ一つ確認しながら答を導き出す。

画像


練習問題では、
指導書にのってなかったけど、
子どもが躓きそうな問題を用意してあった。
すごいよ、君たち!

残念だったのが、
式は、1324×2でも2×1324でも
いいと言っていたこと。
これだけはだめですね。
いくら答えが同じでも、
掛け算の意味がわかってないことになるので、
式は前者のみしかありえません。

でも、私たちは間違いから学ぶんです。
彼はもう絶対にこれを間違えることはない。
そうやって、次の授業、また次の授業…
と、どんどん良くなっていくんです。

この活動。すごく楽しいぞ!
だって、学校の先生たちは、
自分のスタイルを変えることを嫌がるんだもん。
それに加えて、若者たちは柔軟!

輝け、未来の先生たち☆

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜〜ん。ナイス!!頑張れ!!未来の教師たち!!日本の親たちは、少し学校に首つっこみ過ぎですよね〜〜モンスターペアレンツ!!に耐えられない先生はうつになります。こんなんでいいのでしょうか?日本の教育。
mama
2010/03/29 01:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
FIDで模擬授業 Honduras珍道中日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる