Honduras珍道中日記

アクセスカウンタ

zoom RSS セイバの学校へ@

<<   作成日時 : 2010/08/27 11:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

後輩セイバ隊員の学校では、
何人かの先生が来てて、
一人の先生が授業参観をすることに。
トルヒにいてても仕方がないので、
気分転換も兼ねて、訪問することに。

昨晩、シニア隊員のお宅で飲んだくれ、
ちょっと二日酔い気味。
でも、朝から素敵な朝食をいただき、
食後のコーヒーまでいただいて、
まったりしてしまい、
あわてて、学校へ向かう。

セイバの中心地にある学校で、
子どもの数も結構多く26クラスあるのに、
すごく小じんまりした学校。
全員来てる日はすごいだろうなあ。

2年生のパティ先生。
保護者も数名来ていた。
授業を他人に見せるという考えがないホンジュラス。
研究授業も授業参観もない。
でも、授業を良くするには、誰かに見てもらうことが必要。
なので、隊員を中心にそれらを普及している。
私は、授業参観はまだ導入していないので、
どんな感じか楽しみ。

教材をちゃんと用意していて、
黒板の使い方も考えている。
何よりよかったのは、
全ての子どもたちを参加させたこと。
注意散漫な子の名前を呼び、
一人ひとり進度を確認し。
子どもたちの考えを引き出しながら進めるのはまだまだだけど、
教師が一方的にしゃべる授業ではなかった。

画像


保護者も自分の子どもに寄り添い、
一生懸命教えていた。
答を教えてしまうところは改善の余地ありだけど、
まず、子どもの教育に関心を持ってもらう点では、
「百聞一見に如かず」
で、参加した保護者たちは、満足そう。

画像


そのあと、私たち隊員とこの先生で振り返り。
で、ほんとに何がすごかったかというと、
この先生。自分でちゃんと自分の授業の振り返りができたこと。
自分の学校で、先生自身に授業を自己評価させたら、
全ての項目でオール5。
ありえない…。
でも、この先生は、
板書と時間配分と期間巡視がちょっと足りなかった、と。
私たちも同じような意見で、
3人の意見が一致すると言うことは、
私たちがどんな授業を求めているか、
彼女自身がちゃんと分かっているということ。

ちょうど教師生活の脂がのってきている年齢。
若すぎず、年より過ぎず。
今後の展開が楽しみ♪
どの学校にも、素敵な先生がいるんだね。
一人でもそういう先生に出会えたら、
隊員としての活動は成功なんじゃないかと、最近思う。

“量より質”

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
外に出て自分を振りかえる、日本を考える。いろんな意味でいい経験になってだてに2年間苦労?しなかったわね。これから長い人生におおいに役立つことでしょう!!
小さい島国に留まる必要はないし、大きくはばたいてふぁいと〜〜〜
mama
2010/09/13 10:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
セイバの学校へ@ Honduras珍道中日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる