Honduras珍道中日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 重さの授業

<<   作成日時 : 2010/10/23 12:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

3年生の“重さ”の単元。
こういう単元では、
実際に測って、量感をつかむことが大事。
しかし、ホンジュラスの学校には、
はかりもてんびんもない。

あったのは、このてんびん。

画像


手作り感満載!!!
正確に測るわけじゃないから、まっいっか…。

子どもたちにとって“重さを測る”という行為は、
非日常的なもの。
日本だと、体重を測ったり、
お菓子作りで調味料を測ったりと、
“測る”行為は日常的だよね。
家には体重計があるし。

そして、“kg”を日常使ってるので、
お砂糖1sとかイメージできるよね。
ここでは、“libra(リブラ)”が日常の重さの単位。
1リブラは454g。
野菜などはリブラ売りなので、
リブラで測るのは日常的だけど、
Kgはなじみが薄い。

「1Kgってどれくらい?」
なんて授業をしたいけど、
はかりがないから難しいね。
はかりは作れないし…。

「商店から借りてくるわ!」といったBenita先生。
でも、やっぱり借りてこなかった。
やっぱり彼女もホンジュラス人だった。
こういう労力、惜しまないでほしいなあ…。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり家に体重計おいて1日1回はかりに乗ることが痩せる秘訣です。あの体格みてもっと痩せなきゃと思わないとだめだよ〜〜生活習慣病が恐いということを認識してないということや。油控えてね〜^
mama
2010/11/04 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
重さの授業 Honduras珍道中日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる