Honduras珍道中日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 学力テスト

<<   作成日時 : 2010/11/10 12:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

今日が、子どもと過ごす最後の日。
朝から、各学年を回り、学力テスト。

ここでも教師による差が出る。
大好きなBenita先生の3年生は、
みんなじっくり問題を解いていて、
1時間では足りない!って言ったほど。
混合式の文章問題を解けている子も何人かいて、
問題にじっくり取り組む姿が見えた。
日々の学習の成果やね。

4年生は、教師があかんから子どももあかん。
教師にもテストを解かせたが、
やる前から「めんどくさい」やって。

教師やめろ(-_-メ)

そして15分ほどで、子どもら「もうできた」と。
ありえへん。
じっくりやったら時間足りへんで。

画像


5年生も似たような状況。
やっぱり、教師の姿が子どもの姿やね〜。

6年生も、じっくり取り組む。
分数の加減乗除、あんなに一生懸命やったのに、
誰ひとり解けてなかった…。
先生までも…。
最後まで、頑張ろうとする姿は良かったけど、
中身が…。
子どもよりこの先生の方が点数低かった…。

1,2年生は、私が問題を読む。
ほんまはいややけど、そうでもせな、
テストという形式がわからへんから、
教師に聞きまくるしね。

1年生では、足し算を隣の子の指や足の指を使う。
これは、6年生でもそう。
そうやって教えてるんだろうなあ。
一人で解決する力を養う気は全くなく、
問題が解ければいいという考えやからたちが悪い。
2年の先生も。
一人ひとりで頑張っていたが、
聞いてきた子には答を教えてしまう始末。
それでは、学力テストにはならないんですけど…。
悪い点を取ることがいやみたい。
それなら、普段からもっと勉強見てください。

6学年回って、
終わったころは、肉体的にも精神的にもボロボロ。
「最後の日に、テストはやってはいけない」
いまさら、学んだよ…(T_T)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ああああ、ビックリ!!おもしろい〜〜ではすみませんよね?足し算で隣の子が手や足を貸してくれるのがいいよね〜〜日本では当然ないですよね??
mama
2010/11/19 20:57
うちのクラスでも、テストの意味がわかっていないのか、隣の席の子のん首を伸ばして覗き込んでる子いるし。足はさすがに使ってないけど!
u-ka
2010/11/20 20:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
学力テスト Honduras珍道中日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる