Honduras珍道中日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅立ち

<<   作成日時 : 2010/11/30 14:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大家さんたちと日本でも会いたかったので、
自分の持っていたウエブカメラをプレゼントし、
朝からスカイプを大家さんのPCにダウンロード。

その間に最後の片づけ。
そして、来客。
学校の先生がお菓子を作って持ってきてくれたり、
近所の知り合いの子が来てくれたり、
2年半二人三脚で活動したManuel先生も。
大好きなBanita先生は電話をくれた。

みんなみんな 最後までありがとう。
私たちの活動って技術移転だけど、
これは決して一方通行じゃない。
それどころか、こちらの未熟な技術以上に、
たくさんの人生の糧を与えてくれた。

そんなこんなで肝心の家族とゆっくりする間もなく、
ネット回線は遅すぎてスカイプはダウンロードできず、
言うてる間にお迎えが来てしまった。

ホンジュラスの隊員は、基本的に、
引き揚げ時も自力で首都まで上がるのだが、
ここトルヒ周辺で騒動が続き、危険ということで、
事務所からお迎えが。
VIP待遇!?

たくさんの荷物を車に詰め込み、
家族とは玄関先でお別れ。
最後のハグ。

ぎゅっと。

涙もろい大家さんが泣き、
男前な姉ちゃんはあっさり、
と予想していたら、おおはずれ。

男前な姉ちゃんがおお泣き。
それで私もおお泣き。
そして泣いてる一方で、
すっかり当たり前になってしまったこの生活が
終わることが信じられない。
「また 帰ってくる」ような感じ。

画像


でも、終わるんやな。

いつもの道を最後に歩きたくて、
運転手にお願い。
すると大家さんも一緒に歩いてくれた。
何人もこうやって隊員を送り出してきた大家さん。
どんな事を思ってるんかな。

途中でお別れ。
力強くて あったかい ハグ。
ぎゅっと ぎゅっっと。

画像


町の教会まで。
泣きながら歩くへんな日本人でした(^_^;)

教会へ着くと、
運転手さんたちはまだ朝食中だったので、
ちょっとその辺を一回り。

今日のトルヒの空は、
私の心模様を映しているのか、
悲しげな曇り空。
でも、今日ぐらいは、
いつもの青空見せてほしかったなぁ。

画像


写真の先は、私の学校が。
みんな ありがとう。

トルヒの町といよいよお別れ。
首都まで10時間の車の旅。
移動中もたくさんの先生が電話をくれた。
とてもうれしかった。

また 会う日まで。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅立ち Honduras珍道中日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる