Honduras珍道中日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ホンジュラスでの最後の一日

<<   作成日時 : 2010/12/03 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ホンジュラスで過ごす最後の一日。
な〜んて感傷に浸っているひまもなく、
今日も予定はぎっしり。

まずは、日本へ荷物を送るために、
空港にある郵便局へ。
私は1個だったけど、
同期は3個もあった。
しかも、その彼女は、
友人と朝食の約束があるというので、
連絡所にいた隊員に助っ人を頼む。

最後の最後までホンジュラス。
荷物があるので無線タクシーを呼んだら、
30分も待たされる(-_-メ)
もう慣れたけどね。

郵便局では、
せっかくパッキングした箱を開けるという。
何でも中身を確認するためだとか。
テープとか持って行っていたからよかったけど。
結局1時間ほどかかってしまい、
助っ人に朝マックをおごるという約束が、
朝マックの時間を過ぎてしまう。
ほんと、ごめんなさい。

その後、助っ人を放り出して、
銀行へ行き解約手続き。
同期が通帳をもらっていたので、
私ももらおうと思い、もう一度窓口へ行くと、
何やらすごくもめて、
挙句の果てに「もう破っちゃった」と。
同期の通帳は回収されず。
窓口によって対応が異なるのがこの国です(-.-)

お昼はお世話になった方とランチ。
誘ってくれたお店は日本食レストラン。
あと数日で本物の日本食が食べられる…と思いつつ、
せっかくのお誘いなので喜んでいく。

この方は活動中常に支えてくれた人。
そばにはいなかったけど、
電話やメールでいつも励ましてくれ、
活動先の人とも常にコンタクトを取ってくれた。
隊員にとっては“お母さん”です。

私たちに気を使って日本食にしてくれたのかと思ったら、
彼女が日本食が大好きで、
“天ぷら” “巻きずし”が特に好きということ。
そして、彼女の娘さんも連れて来ていて、
彼女は今日がお誕生日とのこと。
ホンジュラス人が日本食を好きと言ってくれるのはうれしいね。
今までなかなか話せなかったこともたくさん話せて、
とても楽しいランチだった。

2年半、あなたのおかげでつらい場面も乗り越えることができました。
今後も、隊員を支え続けてあげてくださいね。

午後は、事務所で帰国報告会。
事務所長と私たちの気さくな会かと思ったら、
事務所長以下、次長、全調整員、健康管理員と、
みなさん勢ぞろい。
原稿も何も用意してなかったので、
しどろもどろ…。
でも、伝えたいことは伝えられたので、いっか!

夜は、同じプロジェクトの専門家の方とお食事会。
やっぱり、専門家の方はあこがれの存在で、
話す内容もすごく興味深い。
そのうちの一人の方はもとトルヒの隊員で、
私の住んでいた家に住んでいた大先輩!
隊員の話や専門家の話、この国の教育の話や恋話まで、
大人の話が聞けて、すご〜く楽しかった。

画像


隠れ家みたいなイタリアンのお店。
薄い生地のピザに、
ゆですぎていないアルデンテのパスタ。

画像


最後の夜を、
おいしい料理と、
素敵な女性と過ごすことができて
大満足

いよいよ明日ホンジュラスを発つ。
まだ実感は全然ないけど、
荷物をパッキングしている。

ここでの日々が当たり前になり、
この日々が終わるなんて信じられなかった。

当たり前のように起きて、
当たり前のように街を歩き、
当たり前のようにテラスでボーっとし。

そんな日々はもう帰ってこないんだね。
どうやら終わりが来てしまったよう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホンジュラスでの最後の一日 Honduras珍道中日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる